バンクイック増額|増額審査の流れ

増額申請でどれくらいまで増やせる?

キャッシングを始めて契約する時、融資限度額が決められているはずです。融資限度額は審査で決まるので、申込者それぞれに違ってきます。基本的に限度額は低めに設定されているので、限度額を増やしたいと思う時は「増額申請」をする事で増やす事も可能です。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」でも増額は可能で、「バンクイック」から増額の案内が有る場合もありますし、こちらから申込する事も可能です。

 

限度額が決まるのは

最初に限度額は低めに設定されると書きましたが、その理由は、基本的に審査で決まるというのがキャッシングの基本だからです。審査において重要視しているのが「申込者にどれくらいの返済能力が有るのか」を調べる事で、それによって限度額が決まります、申込をする時、申込者がいくら借りたいかという要望は出せますが、その額が適正かどうかは「バンクイック」が決定します。

では適正金額というのはいくらなら正解?という疑問が起こります。この額は消費者金融や銀行カードローンで違ってきます。消費者金融では総量規制によって、融資限度額は最大でも年収の3分の1以内と明確に決められているので、たとえば年収300万円の人の最大融資限度額はどこへ申込をしても100万円までという事になります。

銀行カードローンは総量規制の対象外なので、年収によって限度額が制限する事はありません。銀行それぞれが独自の審査基準で判断しているので、いくらまでと言う決まりはありませんが、口コミなどを見ると年収の2分の1まで借りられたという人もいますが、増額申請で増やせたとしても、借り過ぎにならないように考えた時、年収3分の1以下という事で考えておいた方が良いかもしれません。

 

増額申請はタイミングが重要

増額申請をするためには契約後半年以上継続して利用している事が重要で、契約後の半年間は信用調査期間も兼ねているので、半年以内に申請をしても審査が通る可能性はまずありません

もう一つは、契約中に転職をした場合、転職後に申請をしても審査を通る事は有りません。勤続年数は重要項目になり、勤続年数が1年未満は厳しい判断となります。もし事前に転職する事が解っていれば、転職前に増額申請をしておきましょう。